お役立ち情報(法人)

TOPICS

bizair

テナントWiFiやマンションWiFi、アパートWiFiの特徴やおすすめのサービス

2023年08月29日

テナントWiFiやマンションWiFi、アパートWiFiの特徴やおすすめのサービス

テナントやマンション、アパートなどでは工事ができないことが多く光回線が使えない場合があります。そこで工事不要のWiFiが必要です。

この記事では、テナントやマンション、アパートなどで選ぶべきWiFiとおすすめのサービスを紹介します。

テナントでWiFiを導入する際の注意点

テナントでWiFiを導入する場合次の点に注意が必要です。

  • ゲストWiFi機能の有無
  • セキュリティ対策の有無
  • 通信品質の維持
  • 最大同時接続数を確認

ゲストWiFi機能の有無

ゲストWiFi機能とは、訪問者が無料で利用できるWiFiサービスのことです。例えば、カフェやそのほかのテナントでも無料WiFiがある場所を選ぶ人は少なくありません。そのため、インバウンドの顧客が多い企業やテナントにおいて無料WiFiを設定することで、他社との差別化になります。

無料WiFiは、顧客の利便性を向上させるだけでなく、顧客とのコミュニケーションの機会を創出することが可能です。顧客は快適な環境で過ごすことができるため、長時間滞在しやすくなります。こうした滞在時間の延長は、追加の商品やサービスを利用する可能性を高めることができ、売上向上に寄与することが期待されます。

結果的に、ゲストWiFi機能は企業やテナントにとって、顧客体験の向上とビジネスの成長に寄与する重要な要素となります。無料WiFiを提供することで、顧客との良好な関係を築きながら、競争力を高めていくことができるでしょう。

セキュリティ対策の有無

WiFiは 基地局とデバイスの間で電波を発している仕組みであることから、電波を通じて データが拡散されます。 有線LANの場合は通信経路をコントロールしやすいのですが、 無線WiFiの方が セキュリティリスクが高くなることに注意が必要です。

無線WiFiは、電波が広範囲に届くため、物理的なアクセスが制限されにくくなります。これにより、外部からの不正アクセスやデータ漏洩のリスクが存在します。特に、多くの人がいる可能性がある場所の場合、第三者が簡単にアクセスできる可能性があります。

セキュリティ対策を強化するためには、以下の点に留意する必要があります。まず、強力なパスワードを設定し、不正アクセスを防止します。次に、WPA3などの最新の暗号化技術を採用し、データの暗号化を行います。さらに、ファイアウォールや侵入検知システムを導入して、不正なアクティビティを監視します。

通信品質の維持

電波は間に障害物があったり基地局から距離が長くなったりすることで衰退する特徴があります。そのため、通信品質を保つためには 企業や テナントの内装に合わせて電波中継や電波強度において考慮が必要です。

例えば、テナント内には壁や障害物があるため、電波が途切れたり弱まったりすることがあります。大きな空間や複数の部屋がある場合、アクセスポイントを適切な位置に配置して電波を補強することが重要です。これによって、顧客や従業員がどの場所でも快適な通信を楽しむことができます。

また、企業が複数のフロアや建物を持っている場合も、電波の届きにくい箇所が生じる可能性があります。このような場合、電波中継装置やリピーターを使用して信号を拡張することが有効です。これによって、広いエリアでも一貫して高品質な通信を維持できます。

最大同時接続数を確認

テナントでは不特定多数のユーザーがWiFiに接続をします。 そのため 同時接続数を予測するのは容易でないため、 最大同時接続数に余裕のあるWiFi サービスを選ぶことが必要です。多くの顧客がテナント内でスマートフォンやノートパソコンを使用し、インターネットを活用することが一般的です。

特にカフェやレストラン、ホテルなどで、同時に多くの人がWiFiを利用することが予想されます。このような場合、通信の混雑や遅延を防ぐために、最大同時接続数に余裕のあるWiFiサービスを導入することが重要です。

最大同時接続数に余裕があるWiFiサービスは、一度に多くのユーザーが接続しても安定した通信を提供できます。これによって、顧客は快適な通信環境を享受できるだけでなくテナント自体もスムーズな運営が可能です。特にイベントや混雑時においても通信が滞ることなく、顧客の満足度を高めることができます。

テナントに必要なセキュリティ機能

テナントには次のようなセキュリティ機能が必要です。

  • データを暗号化
  • 来客用のネットワークを別に設定

データを暗号化

データを暗号化することによって情報漏洩を防ぐことに繋がります。 WiFiには暗号化 規格が定められておりそれぞれの機器によって規格が異なります。近年では、WPA2やWPA3などが新しい規格であり、特にテナントで使う場合は新しい暗号化規格に対応することが重要です。

暗号化は、送受信されるデータを特定のアルゴリズムで変換し、不正なアクセスから保護する仕組みです。暗号化されたデータは、第三者が解読することが難しくなるため、機密情報や個人データの安全性を確保できます。特に公共の場やビジネス環境では、セキュリティ対策として必須の措置です。

WiFiネットワークでも、暗号化を利用することで通信の安全性を向上させることができます。WPA2やWPA3は、強力な暗号化手法を提供し、不正アクセスや盗聴からデータを保護します。テナントや企業が利用するWiFiネットワークでは、最新の暗号化規格に対応した機器を選び、セキュリティを強化することが大切です。

データの暗号化を通じて、顧客の信頼を築き、法的な問題や損害を未然に防ぐことができます。WiFiネットワークのセキュリティ強化に積極的に取り組み、安心して通信を行える環境を提供しましょう。

来客用のネットワークを別に設定

テナントスタッフや従業員用のネットワークと 来客用のネットワークを分けることが必要です。 同じネットワークを使ってしまうと 誰もが アクセスできてしまい企業や テナントの情報が 漏れることになります。

ネットワークの分離はセキュリティを強化するための重要な手段です。テナントスタッフや従業員は業務上のデータを扱うことが多く、機密情報や顧客データなどが含まれることがあります。一方、来客用のネットワークは一般の顧客が利用するため、セキュリティの観点からは分けて運用する必要があります。

このようなネットワークの分離は、アクセス制御やセキュリティ設定を容易にし、情報漏洩やセキュリティリスクを最小限に抑える助けになります。また、来客用のネットワークは帯域幅を共有することで、顧客の快適な利用体験を確保します。

マンションやアパートでWiFiを導入する際の注意点

マンションやアパートでWiFiを導入する際には次のような注意点があります。

  • 工事できない場合がある
  • 短期間で引っ越す場合がある

工事できない場合がある

マンションやアパートによっては、WiFi導入時に工事できない場合があります。前もって光回線の工事が終わっていない場合は、光回線の導入ができないことがあります。短期間で引っ越す場合がある

マンションやアパートの場合は、短期間での引っ越しの可能性も考慮すべきです。転居が頻繁にある場合や契約期間が限られている場合、インターネット回線の選択には注意が必要です。長期契約を要求するプロバイダよりも、柔軟な契約プランを提供しているプロバイダを選ぶことが賢明です。

工事が不要なWiFiの種類

工事が不要なWiFiには次のような種類が挙げられます。

  • モバイルルーター
  • ホームルーター

いずれのルーターもデータ通信専用のSIMカードを使っており、 契約した時点で情報がSIMカードに入っていることから通信を行う仕組みです。 

モバイルルーター

モバイルルーターとは、コンパクトで持ち運びのできるルーターです。端末に simカードを挿入するだけで通信ができます。スマートフォンと同じように携帯電話回線を利用することが特徴です。 wi-fi を親といった考え方であり、パソコンやスマートフォン、 タブレットなど携帯電話回線を使ってインターネットを利用できるようになります。

 近年 モバイルルーターの種類が増えており、連続通信可能時間や同時接続できる台数はサービスによって異なります。高性能なモバイルルーターは長時間の連続使用が可能で、多数のデバイスを同時に接続できます。これによって、外出先や移動中でも複数のデバイスで快適なインターネット通信を楽しむことができます。

モバイルルーターは、ビジネスシーンや旅行先などでの利用に便利で、安定した通信環境を提供します。選ぶ際には通信速度やバッテリー持続時間、同時接続台数などを確認して、自身のニーズに合ったモデルを選ぶことが大切です。モバイルルーターの利用で、どこでも便利なインターネット接続を実現しましょう。

ホームルーター

ホームルーターは自宅据え置き型のルーターであり、コンセントにつなげるだけで接続できることが特徴です。モバイルルーターのように外出先では利用できませんが、 モバイルルーターと比べて アンテナの感度が強いことから 広い範囲で安定した通信を提供することが大きな特徴です。

ホームルーターは、家庭内の複数のデバイスを同時に接続する際に便利です。家族やルームメイトといった複数の人が同時にインターネットを利用する状況においても、高い通信品質を維持できます。また、一般的にホームルーターは高速な通信速度を提供するため、ストリーミングやオンラインゲームなどの高負荷なアクティビティにも適しています。

さらに、ホームルーターはセキュリティ機能も強化されており、ファイアウォールや不正アクセス対策などを通じて家庭内ネットワークを守る役割も果たします。

モバイルルーターのメリット

モバイルルーターには次のようなメリットが挙げられます。

  • 外出先でも利用できる
  • 利用までの時間が短い
  • 多彩な料金プランがある

外出先でも利用できる

モバイルルーターはコンパクトでコンセントに接続する必要がありません。そのため、外出先で利用できることが大きな特徴です。フリーWiFi環境がない場合やフリーWiFiではセキュリティ面で心配な場合でも利用できます。スマートフォンと同じように電話回線を使っており、同じように高いセキュリティで保護しているため安心です。

パスワードや暗号化などのセキュリティ機能が備わっており、安全な通信環境を提供します。個人情報や機密データのやり取りが必要な場合でも、モバイルルーターを活用することでプライバシーを守ることができます。モバイルルーターは、便利さとセキュリティを兼ね備えたデバイスであり、外出先でのインターネット利用をスムーズに実現します。

利用までの時間が短い

ホームルーターと同じでモバイルルーターは工事不要です。そのため、光回線利用時のように工事を待つ必要がなく端末が届いた時点ですぐに利用できます。また、工事がかからないためコスト削減にもつなげることが可能です。

モバイルルーターの利便性は、導入から利用までの手続きが簡単であることにあります。通常、モバイルルーターの端末を受け取ったら、電源を入れてSIMカードを挿入するだけで、すぐにインターネット接続が可能です。これに対して、光回線を利用する場合には、事前の工事や設定が必要で、その工程が遅れることがあるため、待ち時間や手間を削減できるのがモバイルルーターの魅力です。

多彩な料金プランがある

モバイルルーターを提供している会社によって、さまざまな料金プランを提供しています。そのため、毎月の利用データ量に応じて最適なプランを選ぶことが可能です。例えば、動画配信をするなどデータ量を多く使う場合は100GB以上のプランを選んだり、固定回線と併用するなどあまり使わない方は1〜3GBなど少ないデータ量のプランもあります。

また、一部の会社ではデータ通信容量をシェアするファミリープランや複数のデバイスを同時に接続できるマルチデバイスプランも提供されています。家族や友人と共有して利用したり、複数のデバイスを同時に接続する場合に便利です。モバイルルーターの料金プランを比較し、自身の利用スタイルに最適なオプションを選ぶことで、快適でコスト効率の高いモバイルインターネット環境を構築することができます。

ホームルーターのメリット

ホームルーターには次のようなメリットが挙げられます。

  • 端末が来たらすぐに利用できる
  • 外出先でも利用できる場合がある
  • 設定が簡単である

端末が来たらすぐに利用できる

ホームルーターもモバイルルーターと同じように工事が不要です。そのため、端末を受け取った日からすぐに利用することができます。 光回線を使う場合は工事日を待つだけで1ヶ月以上待つこともあるため ホームルーターを使う大きなメリットがあります。

光回線の導入には、事前に工事日程を調整し、光ケーブルを引き込むなどの作業が必要です。これには時間と手間がかかるため、新しいインターネット回線を利用したい際には待つ必要があります。一方、ホームルーターは専用の端末を受け取るだけで、設定を行うことなく簡単に利用できるため、利便性が高いことが特徴です。

外出先でも利用できる場合がある

ホームルーターはコンセントにつなげば 利用できるため、引っ越した場合や旅行などでも利用できる場合があります。ホームルーターを提供している会社にもよりますが、住所変更の手続きをするだけで利用できることが一般的です。

住所変更の際には、提供会社への通知や手続きが必要な場合がありますが、基本的には簡単に変更できるため、移動の際にもストレスなく利用できます。サービスによって提供エリアが決まっているため、利用する前に必ず確認するようにしましょう。

設定が簡単である

ホームルーターの大きな特徴として、設定が簡単であることが挙げられます。ホームルーターの端末にネットワークやパスワードが記載されており、インターネットをつなげたい パソコンやスマートフォンなどにこれらを入力することによってすぐに接続できる場合が一般的です。 そのため 初期設定で難しいわけではなく知識がない人でも利用できることが大きな特徴です。

ホームルーターは、専門的な知識や技術が不要で、誰でも簡単にインターネット接続を始めることができます。また、一度設定を行えば、その後は自動的に接続されるため、面倒な手間を省くことができます。簡単な設定は、特に初めてインターネットを利用する人やITに詳しくない人にとって大きな利点です。

BizAir+5G for WiMAXとは

BizAir +5G for WiMAXとは法人向けのフリーWiFiサービスでテナントやオフィスなどに設置可能です。全国のエリアをカバーしており、3500万契約を突破しています。実人口カバーは1億人を超えています。

価格

BizAir +5G for WiMAXはWebで契約をするとお得に利用できます。毎月利用する容量に合わせて次のように3つのプランがあります。

定価(税込み)Web限定定価(税込み)
30G月額4,928円月額4,378円
使い放題月額6,778円月額6,248円
使い放題(モバイル)月額6,778円月額6,248円

3種類のサービス

BizAir +5G for WiMAXには次に挙げる3種類のサービスがあります。

  • BizAir mini
  • BizAir +5G for WiMAX
  • Bizplus mobile +5G for WiMAX

BizAir mini

BizAir miniはBizAir +5G for WiMAXと比べて安く利用できるのが特徴です。ビジネス環境において、高速かつ安定した通信が求められる一方で、コスト面も重要です。BizAir miniは、そのバランスを取るための選択肢として注目されています。

BizAir miniは、5G技術を活用しつつも、よりコンパクトなプランとして提供されています。月額料金が手頃でありながら、高速な通信を提供するため、中小規模の企業やテナントにとってコストパフォーマンスが高いと言えます。

詳細BizAirmini一般的な光回線
実質費用
(24ヶ月)
100,694円~
【WEB限定】
月間利用料 初月無料
183,668円~
月間
利用料
4,378円
【WEB限定】
初月無料
6,600円~
新規
工事費
3,300円
0円(キャンペーン適応)
17,380円~
リモートサポート費用0円550円~
出張
修理費
なし8,800円~
申込み~
開通期間
3営業日2~3営業日
電話サポート受付時間9時~18時9時~18時
プロバイダ契約不要不要

BizAir +5G for WiMAX

BizAir +5G for WiMAXは使い放題が魅力であり、大容量の利用が見込まれる場合におすすめです。特に、ビジネスでクラウドサービスや大容量のファイル転送が頻繁に行われる環境では、制限なしの使い放題プランが効率的です。ビジネスプロセスをスムーズに遂行するためには、高速で安定した通信環境が必要不可欠です。

詳細BizAir +5G for WiMAX一般的な光回線
実質費用
(24ヶ月)
143,704円~
【WEB限定】
月間利用料 初月無料
183,668円~
月間
利用料
6,248円
【WEB限定】
初月無料
6,600円~
新規
工事費
3,300円
0円(キャンペーン適応)
17,380円~
リモートサポート費用0円550円~
出張
修理費
なし8,800円~
申込み~
開通期間
3営業日1ヶ月~2ヶ月
電話サポート受付時間9時~18時9時~18時
プロバイダ契約不要不要

端末スペック

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

コンセントに挿すだけで高速なWiFi環境を提供できるルーター。

製品名Speed Wi-Fi HOME 5G L13
メーカー名ZTE Corporation
通信規格5G(Sub6)/4G LTE/WiMAX 2+
重量約635g
同梱物ACアダプタ、はじめてガイド、ご利用にあたっての注意事項(保証書)、
Ethernet ケーブル(試供品)
サイズ(mm)約W100×H207×D100㎜
対応SIMau Nano IC Card 05 U
本体色ホワイト
最大同時接続数Wi-Fi:32台
有線LAN:2台
Wi-Fi規格2.4GHz:IEEE802.11b/g/n/ax
5GHz:IEEE802.11a/n/ac/ax
最大通信速度下り:4.2Gbps
上り:286Mbps

GLMR21A02

据え置き型ルーターであり工事不要で簡単に設置できる。

製品名GLMR21A02
メーカー名uCloudlink
サイズ(mm)約120 × 80 × 186mm
最大同時接続数31台
Wi-Fi規格IEEE802.11
a/ blglnlac
最大通信速度下り:150Mbps
上り:50Mbps

Bizplus mobile +5G for WiMAX

外で業務用インターネットを利用する場合は法人向けBizplus mobile +5G for WiMAXがおすすめです。このサービスは、移動中や外出先でも高速かつ安定したインターネット接続を提供します。一般のモバイル回線とは異なり、Bizplus mobile +5G for WiMAXは企業向けに特化しており、セキュリティ対策や信頼性を重視しています。

詳細Bizplus mobile +5G for WiMAX一般的な光回線
実質費用
(24ヶ月)
143,704円~
【WEB限定】
月間利用料 初月無料
183,668円~
月間
利用料
6,248円
【WEB限定】
初月無料
6,600円~

ほかにも、Bizplus mobile +5G for WiMAXはマルチキャリアに対応していることから、通信速度の面でも安心できます。

オフィス向けトータルサポートサービスOTOMO

テナント経営における課題をone to oneでともに解決を目指す、テナント向けのトータルサポートサービス。集客・売上UP、環境改善、コスト削減等を解決するまで”OTOMO“します。

OTOMOアドバイスチャット無料
OTOMOInstagramサポート9,900円(税込み)
OTOMOGoogleサポート5,500円(税込み)
OTOMOメディア一括サポート11,000円(税込み)

BizPLUS Mobileとは

用途に合わせて選べるプランが便利。

端末の紹介

BizPLUS Mobileで提供している端末を紹介していきます。使っているのは次の2種類です。

  • 富士ソフト株式会社FS030W
  • GLOCALNET NA01

富士ソフト株式会社FS030W

FS030Wは20時間の連続利用可能なモバイルWi-Fiルーターです。

端末名 FS030W

寸法

(幅×高さ×厚さ) 高さ約74mm × 幅約74mm × 厚さ約17.3mm

重量 約128g

最大通信速度 下り最大150.0 MBPS

上り最大50.0 MBPS

無線LAN規格 IEEE802.11a ⁄ b ⁄ g ⁄ n ⁄ ac

最大接続数 最大15台(Wi-Fi)

連続稼働時間 約20時間

上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

GLOCALNET NA01

GLOCALNET NA01は12時間の連続利用可能なコンパクトな4G対応ルーターです。

端末名NA01
寸法(幅×高さ×厚さ)約W126×H66×D12.6㎜
ブラック
重量148g
画面サイズ2.4 inch
解像度QVGA(240*320)
タッチパネル対応,G+F
チップセットQUALCOMM QM215
モデムタイプデュアルモデム
FDD-LTEB1 ⁄ 2 ⁄ 3 ⁄ 4 ⁄ 5 ⁄ 7 ⁄ 8 ⁄ 9 ⁄ 12 ⁄ 13 ⁄ 17 ⁄ 18 ⁄ 19 ⁄ 20 ⁄ 25 ⁄ 26 ⁄ 28 ⁄ 66
TDD-LTEB34 ⁄ 38 ⁄ 39 ⁄ 40 ⁄ 41(194M)
WCDMAB1 ⁄ 2 ⁄ 4 ⁄ 5 ⁄ 6 ⁄ 8 ⁄ 9 ⁄ 19
GSM850/900/1800/1900
最大通信速度DL 150Mbps;UL:50Mbps
WLAN2.4G; 802.11 b/g/n
WiFi最大同時接続台数最大:10台
電圧&バッテリー容量 3500mAh(typical)3.8V
入力(充電)5V/2A
最大稼働時間12時間
コネクトタイプType-C
SIMスロットSIMスロット
SIMスロット1 Nano SIM

上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

\ 端末代金は実質0円、オトクにお申し込み! /

BizAir +5G for WiMAXの特徴

オフィスやテナント向けのフリーWiFiサービスであるBizAirには次のような特徴があります。

  • 価格が安い
  • 工事不要
  • 最短3日で利用可能
  • 3つのネットワークを利用可能

価格が安い

BizAir +5G for WiMAXはどれだけ利用しても3,278円(税込み)であるため、光回線を導入するよりもお得です。価格が固定されているためランニングコストが変わらないことが大きな特徴です。そのため、予算を設定しやすくなるでしょう。

Webで申し込むと事務手数料が従来3,300円(税込み)であるところを0円にします。

工事不要

有線ネットワークであれば、大がかりな工事が必要であり時間や手間がかかります。しかし、BizAirであれば工事が不要であるためコンセントに挿せばすぐに利用可能です。そのため、設置する場所を選びません。

最短3日で利用可能

BizAir +5G for WiMAXは申し込んでから最短3日間で利用可能です。そのため、ネット環境がないことによる業務への支障を最小限にできます。

3つのネットワークを利用可能

BizAir +5G for WiMAXは次の3つのネットワークを利用可能です。

  • 高速モバイルインターネットWiMAX2+
  • 高速ワイドエリアau 4G LTE
  • 5G対応次世代回線au 5G

BizAir +5G for WiMAX運営会社

社名株式会社ジョインアップ(JOINUP,inc.)
所在地〒170-0013東京都豊島区東池袋一丁目25番8号タカセビル7F
URLhttp://joinup.xsrv.jp/
代表取締役執行健太郎
設立2010年10月
業務内容商品・販売企画開発
届出電気通信事業A-02-18224

まとめ

テナントWiFiを設置することで、さまざまな業務を効率化できるシステムを導入できます。さらに、来客にフリーで利用してもらうことにより顧客満足度が上がったり、SNSでテナントや商品を拡散してもらったりできるなどさまざまなメリットがあります。

テナント向けのWiFiサービスは数多くありますが、サービスの充実度とスペック、コストのバランスが重要です。テナントやマンションやアパートでは工事ができないことが少なくありません。さらに、テナントでは特にセキュリティや通信の安定さにも追求することが重要です。

そこで、BizAir +5G for WiMAXはどれだけ利用しても3,278円(税込み)で工事不要で設定可能です。さらに、以下の3つの回線を使っていることから安定したWiFi環境を提供できます。

  • 高速モバイルインターネットWiMAX2+
  • 高速ワイドエリアau 4G LTE
  • 5G対応次世代回線au 5G

さらに、オフィス向けトータルサポートサービスOTOMOも展開しています。InstagramやGoogle、メディア一括サポートなどサービスが充実しています。

テナントWiFiやオフィスWiFi導入を検討している企業様は、BizAir +5G for WiMAXまでお問い合わせください。

カテゴリー
  • bizair
タグ

カテゴリーで絞り込む

代理店様を募集しております

BizPlusでは代理店様を募集しております。
代理店様にあった様々な取引形態を用意しておりますので
まずはお気軽にお問い合わせください。