お役立ち情報(法人)

TOPICS

bizair

寮や社宅でWiFiを利用する方法とは?おすすめのサービスを紹介

2023年07月28日

寮や社宅でWiFiを利用する方法とは?おすすめのサービスを紹介

寮は社宅は一般的な住宅のように、思ったような回線工事ができない場合があります。しかし、このように回線工事が制約されている場所であっても利用できるWiFiが存在するのです。この記事では、寮や社宅であってもWiFiを利用できる方法、またおすすめのサービスを紹介していきます。

光回線のメリット

近年さまざまなWiFiサービスがありますが、もっとも回線が安定しているのが光回線です。光回線には次のようなメリットがあります。

  • 通信が早く安定している
  • 速度制限がない

 通信が早く安定している

光回線の一番の特徴といえば通信の速さや 安定してることがあげられるでしょう。 光回線は ケーブルを自宅まで引っ張って利用することにより通信速度が落ちにくいことが大きな特徴です。 そのため 在宅ワークをしたり  ラグが発生しにくいことからゲーム配信をするなど 大容量のデータを使う場合においても快適にインターネットを利用できるでしょう。

光回線は光ファイバーケーブルを使用しており、光の速さでデータを送受信します。このため、光回線は従来のADSLやモバイル回線に比べて非常に高速な通信が可能です。大容量のファイルのアップロードやダウンロード、ストリーミングなどもスムーズに行えます。

また、光回線は通信の安定性にも優れています。光ファイバーケーブルは外部からのノイズや干渉を受けにくく、電波の影響も受けにくいため、通信品質が安定しています。これにより、ラグや切断の問題が少なく、ストレスなくインターネットを利用することができます。

光回線は安定した回線品質を維持しやすいという利点もあります。光ファイバーケーブルは外部の電磁干渉に強く、通信品質が安定しています。これにより、天候や周囲の電波状況などに左右されることなく、一定の通信速度を維持することができます。 

速度制限がない

ポケット WiFi の場合は使用できるデータ量に上限があることが多く、通信料が一定以上になると通信速度が落ちる場合があります。 しかし 光回線には 速度制限の上限がないことからインターネットを無制限で使うことが可能です。

 この点においても光回線は在宅ワークやゲーム配信など大容量通信をする場合においても 向いています。在宅ワークでは、大きなファイルの送受信やオンラインミーティングなどを頻繁に行うことがあります。

また、ゲーム配信では高画質の映像やスムーズなストリーミングを提供するため、高速かつ安定した通信が求められます。光回線の無制限の利用は、これらの要件を満たすために非常に重要です。 

光回線のデメリット

 ここまで 光回線のメリットを説明してきましたが次のようにデメリットもあるので十分に把握してから導入をすることが重要です。

  • 利用できない場所がある 
  • 開通まで時間がかかる 
  • 外では利用できない
  • 解約金が発生することがある

利用できない場所がある

光回線は、建物の造りや提供エリアなどにより利用できない場所があります。光回線を使うためには、光ファイバーの設備が整った場所であることが必要です。光回線の提供エリアでなければ光回線を利用できません。

光ファイバーは高速かつ安定した通信を実現するために使用されますが、光ファイバーの設備が整備されていない地域では光回線を利用することができません。そのため、光回線を導入する場合には、事前に提供エリアの確認をおこなうことが重要です。

光回線の提供エリアは各通信事業者によって異なるため、光回線を導入する場合には事前に提供エリアの確認を行うことが重要です。通信事業者のウェブサイトや問い合わせ窓口から提供エリアの情報を入手できます。

開通まで時間がかかる

光回線のデメリットとして、開通まで時間がかかることが挙げられます。光回線が開通するまでには、事業者の事務手続きや工事会社との日程調整などの手続きが必要であり、2週間〜1ヵ月かかることが一般的です。

光回線の導入には、まずインターネットサービスプロバイダーに申し込みを行う必要があります。申し込み後、事業者は契約内容の確認や書類の手続きをおこなうため、一定の時間を要します。3月〜4月は新生活シーズンとなるためさらに時間がかかることがあります。

外では利用できない

光回線は回線を固定することから外で利用できないことが注意点です。光回線を利用できる場所は、WiFiの電波が届く範囲やLANケーブルでつながる場所までです。ポケットWiFiやスマートフォンは、携帯キャリアの基地局から発信している電波を使ってインターネット接続をするため、外出先でも利用できます。

そのため、モバイル性や利便性が求められる場合には、光回線だけでなく、ポケットWiFiやスマートフォンを検討することも重要です。ポケットWiFiは小型の無線LANルーターでありモバイルネットワークを介してインターネットに接続でき、屋外や移動中でもWiFi環境を利用できます。

解約金が発生することがある

光回線によっては契約期間が設定されていることが多く、途中で解約すると違約金が発生します。また、契約期間が短すぎると工事費用が残債となるなど支払いが残る点に注意しましょう。

さらに、契約を考える際には通信速度やデータ制限、サービス提供エリアの確認も重要です。高速な通信を求める場合は、光回線の速度が重要ですが、一方でデータ制限がある場合は制限を超えた場合の追加料金や速度低下についても確認しましょう。また、自宅やオフィスの所在地がサービス提供エリア内にあるかどうかも確認しておく必要があります。

寮や社宅でWiFiを利用 

寮は社宅は一般的な住宅と違い、回線工事をするうえでさまざまなルールがある可能性があります。場合によっては大家さんから工事許可が下りず光回線を利用できない場合もあるでしょう。

特にアパートタイプの寮では、戸建てプランが該当することが一般的です。すでに光回線が導入されていればいいのですが、まだの場合は工事が必要です。

光回線が向かない理由 

仮に工事が出来たとしても必ずしも光回線を導入するべきとは限りません。寮や社宅において、光回線が向かない理由として次の点が挙げられます。 

  • 工事において費用や時間が必要
  • 許可が必要
  • 退寮するとまた費用が必要

総合的に判断すると、寮や社宅などの環境では、光回線の導入が必ずしも最善とは言えません。必要な工事や許可、維持費用を考慮し、現状のインターネット環境との比較検討を行うことで、適切な選択ができるでしょう。

工事をしないWiFi

寮や社宅などでWiFiを利用する場合は、ここまで説明したような理由において工事をしないタイプがおすすめです。工事をしないWiFiにはホームルーターとモバイルWiFiが挙げられます。

  • ホームルーター型WiFi
  • モバイル型WiFi

ホームルーターのメリット

ホームルーターには次のようなメリットが挙げられます。

  • 回線工事が不要な点
  • すぐに利用できる

回線工事が不要な点

ホームルーターのメリットとして、 回線工事が不要な点が挙げられます。光回線の場合は工事をするために1〜2ヶ月かかる場合があるほか、初期費用がかかります。また、寮や社宅の場合は工事ができない場合もあります。ホームルーターであれば回線工事が不要であり安心です。

すぐに利用できる

ホームルーターは寮や社宅でWiFiを利用する人にとっておすすめです。端末をコンセントにつなぐだけですぐに利用可能です。工事が不要であることから、端末が届いた時点でWiFi環境にできる点も大きなメリットだといえるでしょう。

さらに、ホームルーターは利用者にとって煩雑な設定作業を最小限に抑えることができるという点も魅力的です。初期設定は、ルーターに同梱された簡単なガイドに従えば、誰でもスムーズに行えます。そのため、特別な知識や技術がなくても手軽にWiFi環境を構築できます。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターには次のようなデメリットもあるため注意が必要です。

  • 光回線と比較すると通信が遅い
  • 利用者が多い場合に注意
  • 速度制限がある

光回線と比較すると通信が遅い

ホームルーターは通信速度が光回線に比べると劣る場合もあるため、インターネットを高速で利用したい場合は速度面にも注意が必要です。最適なホームルーターを選ぶためには、契約プランや通信エリア、利用目的をよく考慮することが大切です。

利用者が多い場合に注意

ホームルーターによっては、利用制限人数が設定されている場合があります。そのため、同じ場所で多くの人が利用する場合は注意が必要です。そのため、寮や社宅で多くの人が利用する場合は向かない場合もあります。

速度制限がある

利用する地域によっては通信速度が制限される場合もあるため、契約前に通信エリアや速度について確認することが重要です。全体的に見て、ホームルーターは手軽で便利なインターネット接続方法として、多くのユーザーに利用されています。

モバイル型WiFiのメリット

モバイル型のWiFiは小型の持ち運びができるWiFiです。モバイル型WiFiには次のようなメリットがあります。

  • 場所を選ばず利用できる
  • すぐに利用できる
  • コストを抑えやすい
  • 複数のデバイスに利用できる

場所を選ばず利用できる

モバイル型 WiFi の大きなメリットは場所を選ばず 利用できることです。 例えば 光WiFi のように工事が不要でありホームルーターのようにコンセントに接続する必要もありません。 頻繁に引っ越しをする人や外でも利用する機会の多い人には特におすすめのタイプです。

さらに、モバイル型WiFiは持ち運びが簡単です。小型で軽量なデバイスなので、バッグやポケットに簡単に収納できます。これにより、外出先や旅行先、カフェや公共の場所など、どこでも自分のモバイルWiFiを利用することができます。特にビジネスパーソンや学生、旅行者など、外出先でのインターネット接続が必要なシーンで大いに役立つでしょう。

すぐに利用できる

ポケット型 WiFi は 光 WiFi のように工事が不要であるため すぐに利用できます。 サービスや 申し込むタイミングによっては 即日発送をしてくれるため、申し込んでから1日から3日で開通できる場合が一般的です。モバイル型WiFiは利便性が高く、自由度の高いインターネット接続を提供してくれるため、多くの人にとって魅力的な選択肢となっています。

コストを抑えやすい

ポケット WiFi は工事が不要であることから 工事費用が発生しません。 また 月額料金も2000円から4000円程度と、商品やサービスによりますが ホームルーター や光回線に比べて安く抑えられる場合があります。

複数のデバイスに利用できる

 ポケット WiFi はサービスによりますが 多くのデバイスを同時に接続できることが一般的です。 このため 家族や友人と一緒に住んでいる場合や旅行に行く場合、他にも パソコンやスマートフォン、 タブレットなど複数のデバイスを利用している場合でもインターネット環境ができるため安心です。

ポケット型WiFiのデメリット

ポケットWiFiには次のようなデメリットがあります。

  • 電波が安定しない場合がある
  • 自分にあったサービスを選ぶのが大変

電波が安定しない場合がある

ポケット型WiFiは電波が安定しない場合があります。そのため、在宅ワークや動画配信者にはおすすめできません。ポケットWiFiでは、電波の不安定さや速度制限により、視聴者への映像や音声の配信に問題が生じる可能性があります。

特に、高画質や高ビットレートの映像を配信する場合は、通信速度や安定性が求められます。このため、動画配信者には、より信頼性の高い回線やインターネット接続方法を選択することが重要です。

外でWiFiを利用しない場合は光回線かホームルーターがおすすめです。外出先での短時間のインターネット利用や、モバイルデバイスとの接続に適しています。しかし、常時安定した通信が求められる在宅ワークや動画配信などの用途には限定的です。

自分にあったサービスを選ぶのが大変

ポケット型WiFiは光通信やホームルーターと比べてさまざまなサービスがあります。光通信のように大手企業以外にもさまざまな企業が参加しており、さらにいろいろなサービスがあります。そのため、自分にあったサービスを選ぶことが大変です。

通信容量や速度、料金プラン、エリアカバレッジなど、個々の要件に応じたプランを選ぶことが可能です。さまざまなプロバイダーが競争しているため、サービスの質や価格も多様であり、利用者にとって選択肢が広がるといった点ではメリットであるともいえます。

WiMAX

WiMAXのモバイルWiFiは、UQコミュニケーションズが提供している小型のWiFiルーターのことです。 

WiMAXのメリット

WiMAXには次のようなメリットがあります。

  • 5G回線を利用できる
  • スマートフォンとのセット割がある
  • 価格が安い
  • データが無制限で利用できる

WiMAXは5G回線を利用するため、安定した通信回線を提供できます。5G回線を使っているものはWiMAX+5Gとよばれています。au回線を使ったモバイルWiFiのことであり、3つの回線で広いエリアをカバーしているのが特徴です。

5Gの高速通信を無制限に4,000円台から利用できるため、料金や通信速度もこだわりたい人にもおすすめです。WiMAXはUQ WiMAXではありますが、〇〇WiMAXとよばれるプロバイザーが数多くあります。

WiMAXのデメリット

WiMAXには次のようなデメリットがあります。

  • 光回線よりも通信速度が落ちる場合がある
  • 料金が高くなる可能性がある

光回線よりも通信速度が落ちる場合がある

WiMAXは非回線と比較すると通信速度が落ちる可能性があります。最大速度だけを比較するとそれほど変わらないのですが、実測値は大きく差がつくこともあるでしょう。WiMAXの通信速度に影響を与える要因として、周囲の電波状況や建物の障害物の有無が挙げられます。

特に都市部や人口密集地では電波干渉が発生しやすく、通信速度が低下する可能性が高くなります。また、建物の中や地下、遠隔地など、電波の届きにくい場所でも通信品質が悪化することがあります。

料金が高くなる可能性がある

WiMAXは、データ容量をあまり使わない場合はほかのポケット型WiFiと比較して高くなる可能性があります。そのため、利用者に必要なデータ量を意識してサービスを選ぶようにしましょう。

月に100GBを超えるユーザーにお得なプランを提供している場合や、逆にデータ利用量が少なくてもお得になるサービスもあります。

工事不要のWiFiサービスを選ぶポイント

工事不要のWiFiサービスはさまざまなものがありますが、次のポイントに注意するとよいでしょう。

  • 契約期間縛りなし
  • オプションに注意

契約期間縛りなし

契約期間に縛りがないサービスは、解約違約金がかからないのが大きな特徴です。契約期間に縛りがないことで、利用者は自身のニーズや状況に応じてサービスを選択、変更できます。たとえば、仕事や生活の変化に伴って必要とするインターネットの使用頻度や速度の要求がある場合、解約違約金を支払う必要のないタイプであればほかのサービスを選びやすくなります。

オプションに注意

WiFiサービスによっては、基本料金以外にオプション費用で高額になる可能性があります。そのため、月額全額を把握することが重要です。例えば、高速通信プランや追加データ容量の提供などがオプションとして用意されている場合があります。

通常の利用範囲を超える大容量データを扱う場合や、特定の利用シーンで高速な通信速度が必要な場合には、これらのオプションを利用することで快適な通信環境を手に入れることができます。ただし、これらのオプションを追加することで、月額料金が増額される場合があるので注意が必要です。

BizAirとは

 

BizAirは、オフィス向けトータルサポートサービスであり、ホームルーターやポケットWiFiを提供しているサービスです。BizAirは法人向けであり高速通信でビジネスをもっとスムーズにすることが特徴です。

BizAirは、次のようなシーンで利用されています。

  • 飲食店や店舗
  • 移動中や出張先
  • テレワーク
  • 建設工事現場

いずれも工事不要であるため、寮や社宅といった工事できるかわからない場所、また工事しない方がいい場合にもおすすめです。

BizAir+5Gはコンセントに挿すだけで利用可能なので工事不要です。そのため、寮や社宅でも利用できるので安心です。また、BizAirではBizAirとよばれるモバイルルーターも提供しています。

BizAir+5Gのもう一つの魅力は、高速・大容量のデータ通信が可能な点です。5G通信に対応しているため、高速かつ安定した通信が期待できます。これにより、大容量のファイルのアップロードやダウンロード、ストリーミング動画の視聴などをスムーズに行うことができます。

また、BizAirはセキュリティ対策にも力を入れており、不正アクセスやウイルスからの保護に努めています。安全なネット環境を提供することで、ビジネスデータや個人情報の保護をサポートしています。

BizAirの特徴

BizAirには次のような特徴があります。

  • 月額料金が安い
  • 速度が早い
  • 工事が不要
  • すぐに利用できる

BizAirで利用している端末

BizAirでは次のような端末を使っています。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

端末名Speed Wi-Fi HOME 5G L13
寸法(幅×高さ×厚さ)約W100×H207×D100㎜
重量約635g
通信規格5G(Sub6)/4G LTE/WiMAX 2+
対応SIMau Nano IC Card 05 U
最大通信速度下り:4.2Gbps
上り:286Mbps
Wi-Fi 規格2.4GHz:IEEE802.11b/g/n/ax
5GHz:IEEE802.11a/n/ac/ax
最大接続数Wi-Fi:32台
有線LAN:2台
同梱物ACアダプタ、はじめてガイド、ご利用にあたっての注意事項(保証書)、
Ethernet ケーブル(試供品)

GLMR21A02

端末名GLMR21A02
寸法(幅×高さ×厚さ)約120 × 80 × 186mm
最大同時接続数31台
Wi-Fi規格IEEE802.11
a/ blglnlac
最大通信速度下り:150Mbps
上り:50Mbps

BizAirの料金

BizAirはいずれも下記のようにリーズナブルとなっている点が特徴です。

BizAir +5G for WiMAX

BizAir +5G for WiMAXは月額6,248円(税込)で、工事費やリモートサポート、出張修理も込みです。そのため、一般的な光回線よりも安くなるのが大きな特徴です。

実質費用(24ヶ月)143,704円
月額利用料金6,248円×24か月(初月無料)
新規工事費0円
リモートサポート0円
出張修理費0円

サポート

申込み~開通期間3営業日
電話サポート受付時間9時~18時
プロバイダ契約不要

BizAirmini

BizAirはモバイルルーターも提供しています。月額3,278円とコスト削減につながります。

実質費用(24ヶ月)100,694円
月額利用料金4,378円×24か月(初月無料)
新規工事費0円
リモートサポート0円
出張修理費0円

サポート

申込み~開通期間3営業日
電話サポート受付時間9時~18時
プロバイダ契約不要

BizAir+5G提供会社

社名株式会社ジョインアップ(JOINUP,inc.)
所在地東京都豊島区東池袋一丁目25番8号タカセビル7F
URLhttp://joinup.xsrv.jp/
代表取締役執行 健太郎
設立2010年10月
業務内容商品・販売企画開発
届出電気通信事業A-02-18224
カテゴリー
  • bizair
タグ

カテゴリーで絞り込む

代理店様を募集しております

BizPlusでは代理店様を募集しております。
代理店様にあった様々な取引形態を用意しておりますので
まずはお気軽にお問い合わせください。