お役立ち情報(個人)

TOPICS

お役立ち情報(個人)

レンタル充電サービス

おすすめのレンタル充電サービス5選|利用するメリットや選び方も解説

2023年04月28日

おすすめのレンタル充電サービス5選|利用するメリットや選び方も解説

近年、レンタル充電サービスを提供する企業が増えています。レンタル充電サービスは、好きなタイミングで借りられる充電器です。コンビニや商業施設で手軽にレンタルでき、使い終わった後は最寄りのスタンドへ返却できます。

しかし、「おすすめのレンタル充電サービスってどれ?」「レンタル充電サービスを利用するメリットって何?」などの疑問が出てくるでしょう。

そこで本記事では、おすすめのレンタル充電サービス5選を解説します。レンタル充電サービスの概要から利用するメリット・デメリット、選び方についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

レンタル充電サービスとは

レンタル充電サービスとは、様々な施設に設置されてあるスポットに設置されている機器をスマホで読み取るだけで、充電器を借りられるサービスです。

レンタル充電サービスは海外発祥のシェアリングエコノミーサービスで、2018年頃に日本へ導入されています。レンタル充電サービスをレンタルする「スポット」は、コンビニや駅・ショッピングモールなど、様々な施設に設置されています。

レンタル充電サービスはスポットを読み取るだけで充電器をレンタルできるため、モバイルバッテリーを持ち運ぶ必要はありません。スマホさへ持っていれば、外出中にスマートフォンの充電がなくなってしまったり、PCを充電したりする場合でも、簡単に充電器をレンタルできます。

また、レンタル充電にケーブルが同梱されているため、端末があればすぐに利用が可能です。クレジットカードやQRコード決済に対応しているため、現金を用意する必要もありません。

もちろん、充電が完了した後はスポットへレンタル充電器を返却するだけで利用は完了します。対応スポットであれば借りた場所へ返却する必要はないため、ストレスフリーでサービスを利用できるでしょう。

\ 初月基本料0円・本体代金実質0円 /

おすすめのレンタル充電サービス5選

おすすめのレンタル充電サービスは、以下の5つです。

  • ChargeSPOT
  • 充レン
  • 充電GO
  • HESTA
  • PowerNow

それぞれ順に解説します。

ChargeSPOT

特徴・3タイプのケーブルを内蔵
・設置台数全国No. 1
・料金プランが豊富
利用料金30分未満:165円
6時間未満:330円
24時間未満:480円
48時間未満:660円
48時間経過後、24時間利用につき:330円
対応アプリあり
対応エリア日本全国
公式HPhttps://chargespot.jp/

ChargeSPOTとは、株式会社INFORICHが運営しているレンタル充電サービスです。

ChargeSPOTのチャージスポットは日本全国に存在しており、設置台数の合計は35,000台に上ります。コンビニや駅・携帯ショップなど、様々なエリアにスポットが設置されています。多くの場所にスポットがあることで、好きなタイミングに合わせてレンタルが可能です。

また、ChargeSPOTには、USB-C・iOS・Micro USBの3タイプ のケーブルが内蔵されています。3つのケーブルにより幅広いスマートフォンの種類に対応しています。スマートフォン以外のPCをはじめとした様々な端末の充電も可能です。

ChargeSPOTの料金プランは、165円〜660円の中で利用時間に応じて加算される方式となります。最初の30分だけなら165円でレンタルできるため、経済的にも優しいサービスといえます。頻繁にChargeSPOTを利用する場合は、月額制の「ChargeSPOT Pass」を選択もできます。ユーザーの利用頻度に合わせて料金プランを選択できるのはChargeSPOTの特徴です。

さらに、ChargeSPOTのレンタル充電器の容量は5000mAhです。多くのスマートフォンなら最低でも2回、端末によっては最大3回もフル充電ができます。容量だけではなく充電スピードも早いため、すぐにスマートフォンの充電を回復させたい場合でも、最適なサービスと言えるでしょう。

充レン

特徴・専用アプリなしで利用可能
・翌日24時まで同じ値段でレンタルできる
・レンタル4日目以降は自動買取に対応
利用料金1日目〜2日目:330円
延長3日目〜4日目:330円
延長4日目以降:3,300円(買取)
対応アプリなし
対応エリア日本全国※沖縄を除く
公式HPhttps://ju-ren.jp/

充レンは、東京電力エナジーパートナー株式会社が提供しているレンタル充電サービスです。

2018年からサービスを開始しており、これまで首都圏限定だった年々チャージスポットも全国設置へ展開しています。

充レンの特徴は、専用アプリをダウンロードすることなくサービスを利用できる点です。他のレンタル充電サービスは、専用アプリをダウンロードし、アプリ内で手続きを進める必要があります。一方、充レンはスマホのカメラ機能でQRコードを読み取るだけで利用が可能です。

事前にアプリを用意することなく充電器のレンタルができるため、初めて充レンを利用する人でも使いやすい設計となります。端末と充電ケーブルは最初から接続されており、充電したい端末にケーブルを繋げた後、バッテリー側面のパワーボタンを押すだけで充電が可能です。

充レンを返却する際は、近くのチャージスポットのスロットに差し込むだけ。複雑な手続きを行うことなく、すぐに返却できるでしょう。

充電GO

特徴・1日あたり220円で利用できる
・LINEからでも利用を始められる
・他にはないコラボバッテリーが豊富
利用料金24時間以内(1日間):220円
48時間以内(2日間):440円
72時間以内(3日間):660円
96時間以内(4日間):880円
120時間以内(5日間):1,100円
144時間以内(6日間):1,320円
168時間以内(7日間):1,540円
対応アプリあり
対応エリア沖縄県内
公式HPhttps://judengo.jp/

充電GOは、インタラクティブ株式会社が提供しているレンタル充電サービスです。

専用アプリもしくはLINE上からQRコードを読み取ることでバッテリーのレンタルが可能です。バッテリーの容量は5000mAhで、3種類の充電ケーブルを搭載しています。安定した容量でスマホを1〜2回程度充電でき、複数ケーブルを搭載していることでスマホ以外も充電が可能です。

また、充電GOは1日あたり220円で利用でき、競合サービスに比べても低コストで充電できます。充電GOの利用料金は1日目〜7日目まで細かく設定されており、状況に応じて利用できます。

さらに、充電GOは沖縄県を中心としてサービスを提供しています。他のレンタル充電サービスにはないオリジナルデザインのバッテリーを利用可能です。美ら海水族館やオリオンビールなど、使っていて楽しくなるようなデザインが多いため、ぜひチェックしてみてください。

HESTA

特徴・1日165円で利用可能
・7日目までは同一料金で利用できる
・アプリで空きスロットを確認できる
利用料金・24時間ごと:165円
・168時間;1,155円
・168時間以上:1,650円(買取)
対応アプリあり
対応エリア日本全国
公式HPhttps://hesta-charge.com/

HESTAは、株式会社オークラが提供するレンタル充電サービスです。

日本全国に貸出スタンドが設置されており、地方を中心に3万台の設置が決定しています。ホテルや医療機関などに設置を進めており、2025年には10万台規模まで貸しスタンドの設置計画を進めています。

HESTAは専用のアプリをダウンロードし、アプリを使ってスタンドのQRコードを読み取ることで利用を始められます。1日あたり165円から利用ができ、24時間ごとに165円が追加されていく仕組みとなります。

7日目までは24時間ごとに165円の請求だけで利用できるため、万が一レンタル当日に返却を忘れてしまっても違約金を支払う心配もありません。7日目以降はレンタルではなく買取扱いとなるため、返し忘れてもそれ以上のコストがかからない点も特徴です。

また、HESTAのアプリは全国の貸出スタンドと連携しているため、リアルタイムで空き状況を確認できます。充電が終わった後は、アプリ上から返却できるスタンドを把握し、無駄なく利用を終了できます。

PowerNow

特徴・1日110円から利用可能
・世界的にサービスを展開している
・定額コースと使い分けられる
利用料金60分:110円
2日目〜5日目:最大660円
定額料金:330円(1日目)
対応アプリあり
対応エリア日本全国
公式HPhttps://www.powernow.jp/

PowerNowとは、PowerNow株式会社が提供するレンタル充電サービスです。

日本だけではなくアジアを中心として、マレーシアやタイなど全世界で5店舗の支社が存在します。PowerNowは1日110円から利用できる点が最大の特徴で、コストを最大限に抑えてバッテリーを利用できます。

また、PowerNowの利用料金は1日目なら1時間ごとに設定されています。1時間おきに料金が加算されるため、少しだけ端末を充電したい場合に最適です。3時間以上利用する場合は24時間で330円の定額コースも用意されているため、状況に応じてプランを変更できます。

2日目以降は最大660円で利用を続けることができ、3,300円まで加算されたらそれ以降は費用が発生することはありません。万が一、バッテリーの返却を忘れてしまっても、最低限のコストで利用を終えられます。

\ 初月基本料0円・本体代金実質0円 /

レンタル充電サービスのメリット

レンタル充電サービスのメリットは、以下の通りです。

  • 近くのコンビニで簡単にレンタルできる
  • 低コストで利用できる
  • スマホ以外も充電できる

それぞれ順に解説します。

近くのコンビニで簡単にレンタルできる

レンタル充電サービスは、近くのコンビニや商業施設などで簡単にレンタルできます。

これまでは、利用者自身でモバイルバッテリーを持ち運ぶのが一般的でした。外出中に使うためには、事前にバッテリーを充電しておいたり、持ち運んだりする必要があります。

一方、レンタル充電サービスなら、外出中にスポットで端末をレンタルするだけで利用が可能です。あらかじめ外出のために準備をする必要がないため、自身の好きなタイミングで利用できます。

また、レンタル充電サービスは返却もスムーズです。レンタルした場所以外でも、スポットがあれば返却できます。

充電が完了した後は、近くのスポットに端末を返却するだけで利用を完了させられるため、ストレスなく活用できるでしょう。

低コストで利用できる

レンタル充電サービスは、低コストで利用できるのもメリットです。

一般的なモバイルバッテリーを利用する際はあらかじめ購入しておく必要があります。モバイルバッテリーの容量によって異なりますが、平均点1,500円〜3,000円程度のコストがかかります。普段からモバイルバッテリーを利用しない人にとっては痛い出費と言えるでしょう。

しかし、レンタル充電サービスなら、1回あたり300円台で利用が可能です。端末を購入する必要がないため、最低限のコストを支払うだけで充電ができます。

多くのレンタル充電サービスは、レンタル日当日に関しては、300円〜500円程度でレンタルが可能です。比較的低コストで充電器を利用できるため、無駄な費用を支払う心配もありません。

効率的かつ低コストで利用できる点も、レンタル充電サービスのメリットと言えるでしょう。

スマホ以外も充電できる

レンタル充電サービスのメリットとして、スマホ以外も充電できる点が挙げられます。

さらに、モバイルバッテリーと充電ケーブルを別で準備する必要があるため、持ち運ぶ際に幅を取ってしまいます。

一方、レンタル充電サービスには、複数の端子に対応した充電ケーブルが付属しています。例えば、ChargeSPOTの場合、USB-C・iOS・Micro USBの3タイプのケーブルが付属しています。スマホ以外の端末をよく利用する場合でもレンタル充電サービスの利用はメリットが多いと言えるでしょう。

\ 初月基本料0円・本体代金実質0円 /

レンタル充電サービスのデメリット

レンタル充電サービスのデメリットは、以下の通りです。

  • 一部地域はレンタルスポットが少ない
  • キャッシュレス決済が必須
  • 時間超過の場合は買取が必要なケースもある

それぞれ順に解説します。

一部地域はレンタルスポットが少ない

レンタル充電サービスのデメリットとして、レンタルスポットが少ない点が挙げられます。

多くのレンタル充電サービスは幅広いエリアに対応していますが、全ての地域にスポットがあるわけではありません。一部地域ではスポットが存在せず、レンタル自体ができないケースもあります。

また、スポットを導入している店舗でも、営業時間外の場合は利用できません。朝早くや夜遅い場合はレンタルしづらいため注意が必要です。

キャッシュレス決済が必須

レンタル充電サービスは、利用する際にキャッシュレスが必須です。

スマホを利用してレンタルから返却まで実施するため、現金支払いには対応していません。あらかじめクレジットカードを登録しておいたり、QRコード決済を活用したりする必要があります。

普段から現金を活用している人にとってはデメリットとなります。現金支払いがメインの人は、事前に利用できるキャッシュレス決済方法を確認しておきましょう。

時間超過の場合は買取が必要なケースもある

レンタル充電サービスの中には、長期間レンタルした場合は買取が必要なケースがあります。

多くのレンタル充電サービスが提供しているレンタル期間は、1日〜5日程度です。レンタル期間が長くなるほどコストは高くなり、一定期間を過ぎると買取扱いになってしまいます。

もちろん、利用費用が大きくなる前に買取できるメリットもあります。

しかし、レンタル期間分の費用と買取金額を合わせると、通常購入よりも割高になります。レンタル充電サービスを利用する前に購入扱いに切り替わる期間を確認しておきましょう。

\ 初月基本料0円・本体代金実質0円 /

レンタル充電サービスの選び方

レンタル充電サービスを選ぶ際は、下記ポイントをチェックしておきましょう。

  • 利用料金
  • 設置場所・対応店舗数
  • 対応している決済方法数
  • スマホアプリの有無

それぞれ順に解説します。

利用料金

レンタル充電サービスを選ぶ際は、利用料金を確認しましょう。レンタル充電サービスは各社利用料金が異なっており、費用の加算方式にも違いがあります。

例えば、ChargeSPOTは30分から利用料金が発生しますが、充レンは1日目〜2日目まで330円で利用が可能です。すべてのレンタル充電サービスが同じ料金ではないため、利用する際はあらかじめ料金を確認しておくことで、コストを抑えて活用できます。

また、レンタル充電サービスによって費用の加算方式が異なり、追加料金が発生するタイミングに違いがあります。レンタル充電サービスの中には、長期間利用するとバッテリー自体の買い取りが必要なケースもあります。

そのため、レンタル充電サービスの利用料金だけではなく、加算方式や買い取りまでの期間などをチェックしておくことで、安心して利用できるでしょう。

レンタル充電サービスを利用する際は、設置場所や対応店舗数を確認しましょう。

レンタル充電サービスによってスポットの設置場所や数は異なります。サービスの中には東京以外のスポットは設置数が少なかったり、一部一域でしかサービスを提供してなかったりします。

そのため、レンタル充電サービスを利用する際はどこにスポットが設置されているのか、どれだけの店舗に導入されているのか確認しておくと安心です。

対応している決済方法数

レンタル充電サービスを利用する際は、対応している決済方法の確認も欠かせません。

レンタル充電サービスの支払いはキャッシュレス決済限定となるため、複数の決済方法に対応していなければ選択肢が狭まってしまいます。

また、決済方法を確認する際はクレジットカード・QRコード決済以外のキャリア決済やプリペイドカードに対応しているかなどをチェックしましょう。自身が利用できるキャッシュレス決済の方法をチェックしておくと安心です。

スマホアプリの有無

レンタル充電サービスを利用する際は、スマホアプリの有無も確認しておきましょう。

レンタル充電サービスの多くは、専用のスマホアプリを提供しています。アプリ内からは充電器のレンタル以外にも、近隣のチャージスポットや現在の利用料金などを確認できます。

アプリなしのレンタル充電サービスも存在しますが、スマホアプリがあれば効率的にサービスを利用できます。どのレンタル充電サービスを選べばいいかわからない際は、アプリの有無もチェックしておくと良いでしょう。

\ 初月基本料0円・本体代金実質0円 /

レンタル充電サービスなら「ChargeSPOT Wi-Fi」

サービス名利用料金
ChargeSPOT Wi-Fi3,280円/月
ChargeSPOT Wi-Fi 5G4,280円/月

レンタル充電サービスを選ぶなら「ChargeSPOT Wi-Fi」がおすすめです。

ChargeSPOT Wi-Fiとは、ChargeSPOTが提供してレンタル充電サービスの一つで、レンタル充電付きのWi-Fiです。

ChargeSPOT Wi-Fiは初期費用・端末代金・工事費用無料で利用でき、業界最安値でサービスを提供しています。ChargeSPOT Wi-FiならChargeSPOTの利用が1回(5日間)無料となり、通常レンタルよりもお得に利用できます。

また、ChargeSPOT Wi-Fiは3大キャリアの通信エリアに対応しており、高速通信を実現しています。1ヶ月100GBまで搭載しているため、速度制限を機にすることなくインターネットを活用可能です。

さらに、ChargeSPOT Wi-Fiには5G対応の「ChargeSPOT Wi-Fi 5G」も存在します。より高速通信を利用しつつ、ChargeSPOTのバッテリーも5日間無料で利用できます。ChargeSPOT Wi-Fi 5GではポケットWiFiだけではなく、自宅で使えるホームルータータイプも提供しています。自宅でも高速通信を希望する場合は、ChargeSPOT Wi-Fi 5Gも最適なサービスと言えるでしょう。

ChargeSPOT Wi-Fiの利用方法

ChargeSPOT Wi-Fiを利用する流れは、以下の通りです。

  1. Webサイトから申し込み
  2. 自宅にWiFiが到着
  3. 端末のセッティングを行い利用開始

ChargeSPOT Wi-Fiは、申し込みから最短2営業日で自宅に端末が届きます。手順に沿えば数不運でWiFi端末のセットアップが完了します。

また、ルータータイプの場合でも、端末をコンセントに接続するだけで利用を始められます。ChargeSPOT Wi-FiはWiFiを始めて利用する人でもスムーズに使い始められるため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

\ 初月基本料0円・本体代金実質0円 /

まとめ

以上、おすすめのレンタル充電サービス5選を解説しました。

レンタル充電サービスの市場は年々拡大しており、チャージスポットも増加しています。レンタル充電サービスなら、モバイルバッテリーを持ち運ぶことなく、外出中でも充電の心配をする必要がありません。

また、レンタル充電サービスを利用するならChargeSPOT Wi-Fiがおすすめです。ChargeSPOT Wi-FiならChargeSPOTの利用が1回無料となっており、WiFiを使いながら充電も可能です。初月は0円で使える」キャンペーンも実施しているため、レンタル充電サービスの利用を検討しているならぜひチェックしてみてください。

カテゴリー
  • レンタル充電サービス
タグ

関連記事

代理店様を募集しております

BizPlusでは代理店様を募集しております。
代理店様にあった様々な取引形態を用意しておりますので
まずはお気軽にお問い合わせください。